通販で購入したルネスタジェネリックが不眠を改善してくれるワケ

薬を飲むイメージ実際にルネスタジェネリックを服用することで、なぜ不眠が改善するかという所を見ていきましょう。

こうしたことを知っておくことで、通販を利用する上でより安心して睡眠薬を手にすることができるようになります。

 

ルネスタジェネリックは服用することによって、不安感や緊張感を緩和する効果があります。その結果、自然にリラックスして睡眠へと誘います。

 

この不安感や緊張感を緩和する作用は、ルネスタジェネリックに配合されている有効成分であるエスゾピクロンが、脳にあるGABA受容体と結合することによって催眠作用を発揮します。

このエスゾピクロンの効果に関しては、臨床試験も行われておりその効果は証明されているので、確実な効果を期待できるようになっています。

 

色々ある睡眠薬の種類

一口に睡眠薬といっても、様々な種類に分類することができるようになっています。

また、不眠も同様にいくつかの種類に分類することができ、それぞれの不眠のタイプに合わせて適切な種類の睡眠薬を選択しなければ、効果を実感できないだけでなく不眠も解消されないままとなってしまう可能性があります。

 

睡眠薬の種類はその作用時間によって分類されます。

・超短時間型…ルネスタジェネリック、アモバン、ハルシオン、マイスリー

・短時間型…リスミー、ロラメット、レンドルミンなど

・中間型…ロヒプノール、サイレース、ベンザリンなど

・長時間型…ドラール、ベノジール、ソメリンなど

 

上記のように分類されており、効果時間は

・超短時間型…2~4時間程度

・短時間型…6~12時間程度

・中間型…12~24時間程度

・長時間型…24時間以上

 

というように、効果を発揮する時間が違います。

 

当然、効果時間が短いものの方が効果が現れるまでの時間が短く、効果時間が長いものはじわじわと徐々に効果が出てくるので効果時間が出るまでの時間が長くなります。

 

眠りに就くことができないようなタイプの不眠である場合

ジワジワと長時間効くようなタイプよりも、ルネスタジェネリックのような超短時間型の睡眠薬を使う事でスムーズに眠りに就くことができます。

 

しかし、眠っている途中で起きてしまうような不眠の場合は、ルネスタジェネリックでは効果を感じることができません。途中で目が覚めてしまう頃にはルネスタジェネリックの効果が切れてしまっているためです。

ですから、途中で目覚めてしまって充分な睡眠がとれないような不眠の場合は、短時間型や中間型のような長く効果を発揮する睡眠薬が適しているわけです。

 

しかし、効果が長く続く睡眠薬を使う場合は、服用のタイミングにも気を付ける必要があります。

特に長時間型の睡眠薬は24時間以上も効果を発揮しますし、中間型でも半日以上は効果を発揮するので、眠りにつく時間が遅い場合は翌日までその効果を残してしまう、持ち越し効果を発揮する可能性があります。

そうなってしまうと、日中でも睡眠薬が効いていることになるので非常に危険ですし、仕事にも大きな支障を与えかねません。

そのため、効果が長い睡眠薬は使うタイミングに気を付ける必要があります。

 

ルネスタジェネリックを購入する

ルネスタジェネリックのパッケージ超短時間型の睡眠薬であるルネスタのジェネリック医薬品がこちら。

ジェネリック医薬品だからこそ、通常のルネスタを購入するよりも安い価格で手に入れることができるでしょう。

当然、ジェネリックなので元となっているルネスタよりも安い価格で購入ができるのも魅力です。

 

ルネスタジェネリックの購入はこちら