富士山が美しい理由と好まれる訳 | 美味しいものがいっぱいの山梨で、心も身体も栄養を与えましょう!
menu

富士山が美しい理由と好まれる訳

リゾート地にあるプール

山梨には富士山以外の観光地もたくさんありますが、日本人として生まれた以上は富士山に一度は行きたいと考えるものです。
なので、ここでは富士山についていろいろ考えていきましょう。
富士山は日本で一番高い山であり、その存在を知らないような日本人はいないうといえます。最近では世界遺産にも登録されて世界的にも注目されています。実はこの富士山が他の姿があるのです。日本人がよくイメージする富士山というのは山頂付近に雪が積り、白い山というイメージあるとされています。ですが、真夏になればその雪も溶けて土が表面にさらされます。その茶色になった富士山に朝日があり浴びると土が赤く光り「赤富士」と呼ばれるものになります。この赤富士は有名な白富士と比べても違う神々しさを感じることができるのです。そんな富士山は世界的にも見てもあまり山そのものが大きいとはいえません。なのに人気で世界遺産になったのは何故だと思いますか。それは山の形状が非常に珍しいからです。
本来、山はいろんな山と集合し、1つの山脈になっていることが多いのですが、この富士山だけはニョキと生えているような感じになっているのです。
この変わった形状が世界的に珍しく、高さがなくても世界中の観光客から人気になっているのです。やはり、富士山は世界に誇る山といえるのです。
そう考えれば、世界遺産に登録されるのも納得できるものです。